カビ対策に効果的なこと

湿度の高くなる梅雨時になると、気になるのがカビではないでしょうか。
新品の状態ではどこもかしこもきれいですがちょっと掃除を怠ったりするといたるところに繁殖するのがカビです。
とくに浴槽のタイルなど、気づかないうちにカビが生えてしまったという経験は、どなたでもありますよね。
洗剤の流し忘れの部分とか、目地などにいつのまにか黒カビやピンク色にみえるカビを発見することがあります。
また、浴槽だけでなく食べ物もカビが生えます。
たとえば買っておいた食パンやみかんがいつのまにか緑色になっている様子はぞっとしますがこれもカビなのです。
一番の原因は湿度が高くなってカビ菌が繁殖しやすい環境になるとでてきます。
冬場の乾燥しているときは、あまりカビは生えませんから湿気の多い梅雨時になったらとくにカビ対策をすることが必要になります。
対策としてまず、掃除をしっかりするということと換気をすることです。
浴槽をつかったらお湯を抜いてしまい、すぐ換気扇をつけることがカビを防ぐのに効果的とわれています。
さらにはキッチン関係では食材を放置しないことが大切です。
早く食べるということと、余るようでしたらパンは冷凍保存すると日持ちしますしカビることもないのです。

pickup

音楽教室 池袋

Last update:2018/7/26